Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

母達のマウンティング合戦。あたしおかあさんだから問題。

この週末はネット界隈で『あたしおかあさんだから』と言う歌の歌詞が炎上していて、大変興味深かった。ちなみに歌詞はこんな感じ。

「あたしおかあさんだから」

作詞:のぶみ 歌:だいすけおにいさん 

一人暮らししてたの おかあさんになる前
ヒールはいて ネイルして
立派に働けるって強がってた

今は爪切るわ 子供と遊ぶため
走れる服着るの パートいくから
あたし おかあさんだから

あたし おかあさんだから
眠いまま朝5時に起きるの
あたし おかあさんだから
大好きなおかずあげるの
あたし おかあさんだから
新幹線の名前覚えるの
あたし おかあさんだから
あたしよりあなたのことばかり

あたし おかあさんだから
あたし おかあさんだから

痩せてたのよ おかあさんになる前
好きなことして 好きなもの買って
考えるのは自分のことばかり

今は服もご飯も 全部子供ばっかり
甘いカレーライス作って
テレビも子供がみたいもの
あたし おかあさんだから

あたし おかあさんだから
苦手なお料理頑張るの
あたし おかあさんだから
こんなに怒れるの
あたし おかあさんだから
いいおかあさんでいようって頑張るの
あたし おかあさんだから
あたしよりあなたのことばかり

あたし おかあさんだから
あたし おかあさんだから

もしも おかあさんになる前に
戻れたなら 夜中に遊ぶわ
ライブに行くの 自分のために服買うの
それ ぜーんぶやめて
いま あたしおかあさん


それ全部より おかあさんになれてよかった
あたしおかあさんになれてよかった
あたしおかあさんになれてよかった
あたしおかあさんになれてよかった

だってあなたにあえたから

パッと見だと「いやいや。どこに炎上する火種があるの? そこら辺にいるお母さん像じゃないの?」って感じではるあのだけれど、現役ママ達の猛反発で炎上する事となってしまった。子育ての1番大変な時期は過ぎてしまった私でさえ「まぁ…分からなくはないな」と思ってしまった。

果たして何が悪かったのか? 上から目線と「素敵な私」のアピールが鼻についたのだと思われる。

母親になった女が新幹線の名前を覚えるのは当たり前のことだと思う。ただ、ここで「あたし あなたの影響で 鉄道にハマっちゃたの あたしはママ鉄になったのに あなたは アッサリ卒業したわね」くらいにしておけば分かったのだ。

朝5時に起きて揚げ物したり、甘いカレーを作ってもいいのだ。「あたし あなたの健康を思って マクロビオティックにハマったの でも ボンカレーの方が美味しいって言われた そうよね レトルト、マジサイコー」みたいにテヘペロしておけば平和だった。

インターネット世界において「上から目線」「素敵な私」は炎上対象となるので要注意。要するにマウンティングの世界を理解しなかったのが失敗なのだと思われる。『あたしおかあさんだから』に反発して『あたしおかあさんなのに』と言う新勢力が出現するも「子どもを夫に預けて飲みに行く」とか「ヒールはいてフレアスカートはいて、会社行ってフルタイムで働いてる」とか、斜め上の人達が多数出現。この勢力も第三者的にみると面倒臭い感じが半端ない。もすごく嫌な事を言わせてもらうと「子どもを産んで母になっても仕事(趣味)を満喫している私スゲーって感じですか? 独身だったり子どもいない女はクズ…的な?」なんて事さえ思ってしまう。

女のマウンティング合戦スゲー!

あと歌詞が「のぶみ」ってのもマズかった。実は私、絵本ヲタク視点で言うなら、のぶみってそんなに嫌いじゃない。「お姫さま幼稚園シリーズ」とか「仮面ライダーシリーズ」とかバカバカしくて素敵だと思う。実際、娘も「お姫さま幼稚園」のシリーズは大好きだった。ただ『ママがおばけになっちゃった! 』はマズかった。私も正直「ないわぁ~」と思った1冊だ。あれで一部読者の怒りを買ったところに今回の騒動。本が売れるのは理解出来るけれど、のぶみが調子乗っちゃった感は否めないところだ。

こう言う火種をキッカケに熱く議論出来るのは良い事だと思う。50年前、100年前なら学のある人達しか参入できない議論に一般人が突っ込んでいけるのだものなぁ。「やっぱりインターネットって楽しい!」なんて事をつくづく感じた出来事だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました