読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

歓迎する体制は出来ている。だけど本当にコッチ来るの?

記事内に広告が含まれています。

体操を辞めた娘が突然イラストを描きはじめた。

娘は私や夫と違ってヲタク気質が無い子だと思っていたので、突然の方向転換に驚きを禁じ得ない。

娘は幼い頃から私や夫が好きな事にほとんど興味を示さなかった。

  • プリキュア・アイカツ→たしなんだ程度でアッサリ卒業。
  • 塗り絵・お人形遊び→ちたしなんだ程度。友達接待用。
  • ディズニープリンセス系→まったくハマらず。
  • 歴史浪漫とファンタジー→全く興味無し。ハリポタはちょっと好き程度。
  • ゲーム→たしなむ程度。友達接待用。

私と夫を知る友人達は娘に全くヲタク気質が無いのを見て「ヲタクは環境が作るものじゃないんだなぁ」ヲタクは生まれ落ちた瞬間からヲタクなんだなぁ」と感心する始末。

それが、ここへ来ての方向転換。ガチヲタの母としては突然のとこに戸惑うばかりだ。

イラストの描き方については「ユーチューブとかブログとか見て勉強してる」とのこと。パソコンは使えるので、その辺の感覚はいっぱしのヲタクと同じみたいだ。

ちなみに娘がハマっているのは『東方Project』。

東方Projectとは?

東方Project(とうほうプロジェクト)とは、同人サークルの上海アリス幻樂団によって製作されている著作物のこと。弾幕系シューティングを中心としたゲーム、書籍、音楽CDなどから成る。東方Projectの作品を一括して東方と称することもある。 wikipediaより引用

古いヲタクからすると「何で今さら東方なの?」と思ってしまうけれど、ユーチューブ経由で小学生にもファンがいるらしく、クラスメイトにも『東方Project』の好きな子がけっこういるとのこと。

友達関係も変わってきていて「クリスマスプレゼントにコピック一式買ってもらった」なんて言う、なんだかどこかで聞いたことのあるエピソードを持つ子と仲良くなっていて、母としてはなんとも複雑な気分だ。

歓迎する体制は出来ている。だけど本当にコッチ来るの?

娘のヲタク活動的な方向転換は一過性のものなのか、そうでないのか?

夫とは「まぁ…本人が納得するまでやらせよう」と話をしている。これについては体操の時の方針と全く同じ。何か1つの事に夢中になるのは恋に落ちるのと同じ。好きになっちゃったものはどうしようもない。

今までずっと「娘はヲタクとは無縁の世界で生きていく子なんだろうなぁ」と思っていいただけに、ただただ戸惑っている。

「もしかして…数年後は一緒にコミケに行ったりする展開もあるの?」とか、先走りは厳禁。とりあえず、静かに見守っていこうと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で