Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

狂王の庭 小池真理子 角川文庫

久しぶりに書店で購入した新刊本だと言うのに、まったくもって駄目だった。

タイトルに惚れて買ったのに「狂おしさ」をちっとも感じない作品だった。

小池真理子の作品は、けっこう好きで直木賞をとった『恋』や、個人的にツボだった『棺の中の猫』の感動を期待していたのだけれど、上滑りな印象を受けてしまった。

スポンサーリンク

狂王の庭

created by Rinker
¥720(2019/09/22 19:23:30時点 Amazon調べ-詳細)

「この庭をあなたに捧げる―。」昭和27年、東京都下国分寺。広大な敷地に、全財産を投じてルートヴィヒ二世さながら華麗でシュールな西洋庭園を造った異端児・青爾。

妹の婚約者である彼に惹きつけられる美しい人妻・沓子。

没落する華族社会を背景に、虚無と孤独と耽美の極地で、激しく求め合う男と女を描ききった、世紀の恋愛巨編。

アマゾンより引用

感想

「庭園」という小道具は悪くないと思う。描写も綺麗だし、お金持ちテイストも素敵。

だけど肝心の「恋」が置いてけ堀だったんだなぁ。気だるい恋愛ではあるけれど、そこに狂信的な、あるいは破滅的なものをビタ一文感じなかったのだ。

軽くネタバレで恐縮だが、結果的に破滅していたとしても、何もかもを破壊し、押し流すだけの濁流を感じることが出来なかったのだ。

小手先の恋愛とでも言えばいいのか。勢いが無さ過ぎるのだ。

自分自身は、恋にのめり込む体質ではないのに、読み物にはそういうものを求めずにはいられない…ってのは、自分に不足しているものを「読み物」に求めているのかなぁ…なんてことを思った。

一途で馬鹿で狂わしい恋愛小説が読みたいなぁ。

なにげに欲求不満が募る1冊だった。

小池真理子の他の作品の感想も読んでみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました