Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"吉行淳之介"

子供の領分 吉行淳之介 集英社文庫

吉行淳之介と言えば、男前で女たらしで、宮城まり子の愛人で、作品のテーマは、とりとえず「性愛」というイメージがあったのだけど、普通の小説も書いていたのだと目から鱗の1冊だった。題名の通り「子供」を主人公にしたものばかりを集めた短編集。なかなか...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名・作品名等で検索する事も出来ます 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます...

淳之介さんのこと 宮城まり子 文春文庫

作者のような女性から「大好き」とか「愛しています」と言われたら「ごめんなさい」と言える人なんて、いるんだろうか? なんて可愛らしい女性なんだろうかと思った。こういう人と相思相愛になれたら毎日が楽しいだろうなぁ……と。長い長い恋文を読んだよう...

すべての女は痩せすぎである 真説・美人論 姫野カオルコ 大和出版

『すべての女は痩せすぎである 真説・美人論』は「新説・美人論」という副題の通り「美人」に関するエッセイを集めた作品である。 村上龍『すべての男は消耗品である』をパクったかのような題名ではあるが私が「笑点」の司会者だったら、座布団を進呈...