読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

郵便料金の値上げ。

6月1日から郵便料金が値上げされた。

普段、あまりハガキを出す機会のない人にはあまりピンとこない話かも知れないけれど、なんだかんだで郵便好きな私としては微妙に面倒臭い変更だ。

実のとろこ個人的に年賀状じゃないハガキを出すのは暑中見舞いとクリスマスカードくらい。ものすごく気が向いた時に、友人にふと出してみることもあるけれど、せいぜいその程度。

普段、よく使うのは娘の子ども講座の申し込みとか、懸賞。市の講座はたいてい往復ハガキで申し込むことなっていて、気が向いた時にいつでもハガキが出せるように、ハガキにしても往復ハガキにしても常時何枚かストックしている。

郵便料金が値上げするまでに手持ちの物を使い切ってしまうつもりだったのだけど、残念ながらその野望は達成出来なかった。

仕方がないので10円の切手を買ってきて、ストックしているハガキにペタペタ貼り付けることに。

郵便料金の値上げは今まで何度か経験しているけれど、そのたびに面倒臭さを感じると共に、金額を合わせるために貼り付ける端数の切手のデザインに感心する。

10円切手のトキは日本らしくて良いと思う。

以前郵便料金が2円上がった時に登場した1円切手のウサギのデザインも可愛らしくて大好きだ。こう言う小さい金額の切手って、よほどの事がないと使わないので、これもまた楽しいなぁ…と思う。

値上げ自体は嬉しいことではないけれど、郵便料金ってあの値段でキッチリ相手に届けてくれるのだから、高いとは思わない。

手紙もハガキも滅多に出さなくなってしまったけれど、切手ってなんとなく好きなのだ。収集したいとは思わないけれど、郵便局の窓口で季節の切手を見掛けると「たまには手紙かハガキを出してみようかな」と思ったりする。

説明するのが難しいけれど切手にはなんとも言えないワクワク感がある。

今回使ったトキのデザインの切手。もしかしたら、もう2度と使う事が無いかも知れない。そう思うと切手の値上げも悪くないかもな…などと思ってしまったりする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました