Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

黒蜜 小池昌代 筑摩書房

小池昌代の作品にはすっかり惚れ込んでいるのだけれど、今回は正直イマイチだった。

前回読んだ『弦と響』(忙しい時期だったのか読書録には書いていない)が良かったので、期待ばかりが膨らみ過ぎていたのだろうか。

『黒蜜』は小池昌代が得意とする短編集。『ルーガ』とか『裁縫師』の感じと似ているように思う。

スポンサーリンク

黒蜜

瑞々しくも恐ろしい子どもの世界。

「倦怠を知ったのは、八歳のときだ」感情のみなもとに視点を注いだ14編。

アマゾンより引用

感想

作品の雰囲気は嫌いじゃない。ちょっと不思議な感じに、軽く淫猥な空気が入ってくると言うか。

なんて説明したら良いのかなぁ……。今までの作風からかけ離れている訳ではない。むしろ、いかにも小池昌代って感じの筆なのだ。

それなのに、どこかキレが無い。読後に陶酔する感じとか、読んでいる最中にトリップする感じが無い。

他の作品とどこがどう違うのか……たぶん、綺麗過ぎるのだと思う。腐敗臭がしないのだ。そこが、ちょっと残念。

面白いのだけど、今回の短編集に収録されている作品は、どれもこれも一線を越えてないもどかしさがある。

それもまた味なのかも知れないけれど、私には随分と物足りなく感じられた。特に表題作の『黒蜜』。

地味だ……。小池昌代って、もっと意地の悪い人ではなかっただろうか。まぁ、でもこれはこれでアリなのかも知れない……とは思う。

先入観無しで読めば、それなりに面白いのだ。

なのに「もっと面白いよね。この人の書く作品は」という期待が大きかっただけに、ガッカリしてしまったのだ。

残念ながら私には物足りなかった。次の作品に期待したい。

小池昌代の他の作品の感想も読んでみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました