読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

玄侑宗久

スポンサーリンク

お坊さんだって悩んでる 玄侑宗久 文春新書

玄侑宗久の作品を読むのはもしかしたら10年以上ぶりかも知れない。 最後に読んだ『アブラクサスの祭』が、あまりにもク...

アブラクサスの祭 玄侑宗久 新潮社

ヤバイよ。玄侑宗久の作品はヤバ過ぎる。読んでいると、うっかり自殺したくなってしまう。 ちなみに私は身内に自殺者がい...

中陰の花 玄侑宗久 文藝春秋

禅宗の僧侶である主人公と妻。そして拝み屋の婆さまを軸にした物語。 題名になっている「中陰」とは、この世とあの世の中...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました