Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スポンサーリンク
日記

桃の誘惑。

商店街の果物屋で桃を買った。小ぶりの桃で2個250円。 いくら小ぶりの桃だと言っても控えめに言って安過ぎる。果物屋さんが言うには「もう食べ頃だし、これ以上置いておけないからサービス品だよ」とのこと。買わずにはいられなかった。 私...

桃 姫野カオルコ 角川文庫

正直、がっかりしてしまった。作者の書くものは、けっこう好きなのだけど、ぐるぐると似たような設定の小説ばかりを読まされるのは、もうウンザリなのだ。評判の良かった『ツ、イ、ラ、ク』と対になる作品とのことだったが「だからどうした?」と思ってしまっ...

桃 久世光彦 新潮社

題名を一瞥してエッセイ集かと思ったのだが「桃」を題材にした短編を多目にあつめた短編集だった。なぜかしら「桃」という単語を読むと、いやらしい想像をしてしまうのは人としての性なのか、刷り込みなのかは微妙に疑問なところである。 時代的には、...
スポンサーリンク