Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

弱法師

スポンサーリンク

弱法師 中山可穂 文藝春秋

この上なく陳腐な恋愛小説集だった。陳腐さ加減レベルで言うなら『世界の中心で愛を叫ぶ』と肩を並べられるのではないかと思う。最初のページを読めば、話の流れから人物設定まで予想できてしまうような話ばかりだった。あまりにもお約束過ぎな物語り。しかし...
スポンサーリンク