安達千夏

安達千夏

モルヒネ 安達千夏 祥伝社文庫

作者の作品に挑むのはこれで2冊目。1冊目は「読後、不愉快な気分にさせられた作品だった」と書いたけれど、これも1冊目に負けずとも劣らぬ不愉快本だった。だが、今回は「この作家さんって、もしかして上手いのかも」と思った。この作家さんは白紙の空間か...
安達千夏

見覚えのある場所 安達千夏 集英社

読後、不愉快な気分にさせられた作品だった。破綻した家族の話と言うべきか、それとも自分を見失った女の話と言うべきか。あるいは母と決別する娘の話と言うべきか。 シングルマザーのヒロインと、自尊心が強くて「昔は完璧なキャリアウーマンだった」...