朝吹真理子

朝吹真理子

きことわ 朝吹真理子 新潮社

第144回芥川賞受賞作。貴子と永遠子と言う2人の女性が25年の時を経て再会する物語。過去と現在が行き来しながら、2人の人生を描いている。なんと言うか、芥川賞らしい作品だと思った……悪い意味で。「どうして、これが芥川賞?」と口に出さずにはいら...