浅田次郎

浅田次郎

プリズンホテル 浅田次郎 集英社文庫

浅田次郎と言えば高倉健が主演して話題をさらった『鉄道員』の原作者で「泣かせる」ことにかけては職人かと思われる作家さんである。私は俗に言うところの「お涙頂戴」的な小説は、それほど得意ではなくて、むしろ「絶対、泣いてやらんぞ。さぁ、かかってこい...
浅田次郎

姫椿 浅田次郎 文藝春秋

今さらだけど次郎。私はあなたのことが好き。「アザトイ人」だとか「人を泣かすことばかり考えて計算づくで書いてる」って評判もあるけど、そんなことはどうだっていい。あなたの言葉が偽物だったとしても、その刹那、我を忘れて酔いしれることができるのなら...
浅田次郎

シェエラザード 浅田次郎 講談社

何年かぶりで「次郎マジック」にハマってしまった。面白し過ぎて、のめり込み過ぎて、2屋連続で「弥勒丸」を救おうと奔走している自分……というい夢を見てしまった。夢の中まで引っ張ってしまうほど面白かったのは『きんぴか』以来のとこだ。 漢と書...
浅田次郎

沙髙樓綺譚 浅田次郎 徳間書店

あえてジャンル訳するなら幻想小説になるのだろうか。「沙髙樓」と名づけられた秘密の集会で、参加者達が「自分のなかだけに留めていた話」をメンバーに話すという形式の連作短編集だった。「沙髙樓」では決して嘘を言ってはならない代わりに、聞いた話は決し...
浅田次郎

壬生義士伝 浅田次郎 文春文庫

悪くは無かった。だが、しかしイマイチだった。個人的に新撰組好きなので、甘めの評価をつけてあげたいところだが、イマイチとしか言い様が無かった。作者の描きたかったことや、テーマはよーく分かった。それらは決して悪くない。だが残念なことに物語の内容...
浅田次郎

椿課長の七日間 浅田次郎 朝日文庫

う~ん。上手い。今の日本でコメディタッチで最後に泣かせる話を書かせたら、次郎の右に出る人はいないんじゃなかろうか。最近は荻原浩を追いかけていて「浅田次郎系だよねぇ」なんて事を思っていたのだが、読者をねじ伏せるような…圧倒的なパワーは次郎なら...
浅田次郎

天切り松 闇がたり 第四巻 昭和侠盗伝 浅田次郎 集英社文庫

毎度手堅く面白い。安心して読むことが出来ると言うか。今回の作品では時代が大正から昭和に変わっていて、戦争の話などもからめているので、ロマンティック度は下がっているけれど、むしろ面白くなっていたように思う。特に気に入ったのは表題作の『昭和侠盗...
浅田次郎

天切り松 闇がたり 第三巻 初湯千両 集英社文庫

ちょっとネタが苦しくなってきたのかも。面白い話と、そうでない話の差が大きいように思った。大風呂敷の匙加減を微妙に失敗したと言うか。突っ込んではいけないお約束……のはずなのに、ついつい「そりゃないぜ、セニョール」と呟いてしまうほどに。 ...
浅田次郎

天切り松 闇がたり 第二巻 残侠 浅田次郎 集英社文庫

次郎に恋を書かせたら、どうしてこんなにベタベタになってしまうのだろう。なんちゅーか。古き良き日本人の恋……って感じで、とても良かった。あえて旧字体で『戀』と書いてみたいような。「懸想する」という世界が健在なのだ。 世間から「あざとい」...
浅田次郎

天切り松 闇がたり 第一巻 闇の花道 集英社文庫

「待ってたよ、次郎! 私はこういうのを読みたかったのだ!」思わず叫んでしまった1冊だった。やはり浅田次郎は、このテのエンターテイメントに限る。天下一品と言っても過言ではいなだろう。ブラボー次郎! やはり私は次郎が好きだ。 もっとも、突...
浅田次郎

輪違屋糸里 上・下 浅田次郎 文春文庫

感想を書いて欲しいとのリクエストを戴いたので読んでみた。幕末を舞台にして時代小説で新選組の芹沢鴨暗殺事件がテーマになっている。今回の感想はネタバレを含むので苦手な方はスルーでお願いします。 上下巻の作品だけど上巻の真ん中あたりまでは読...