朝井リョウ

朝井リョウ

風と共にゆとりぬ 朝井リョウ 文藝春秋

薄々そうじゃないかと思っいてたけど、私は作者の書く作品とは相性が悪いらしい。全く受け付けないかと言われるとそうでもなくて面白いと思った作品もあるし「上手いなぁ」と感心したりもするけれど、方向性の違いと言うのかな。作者の作品と私は相容れない水...
朝井リョウ

何者 朝井リョウ 新潮社

大学生の就職活動を描いた小説で直木賞受賞作。以前読んだ『何様』はこの作品のスピンオフとのことだったので「やっぱり元の作品は読んでおくべきだな」って事で手に取った。正直言って直木賞に値する作品かと言われると微妙な気持ちになるけれど、現代を描い...
朝井リョウ

何様 朝井リョウ 新潮社

なんとなく手に取って読んでみたのだけど、直木賞を受賞した『何者』のアナザーストーリーとのこと。ちなみに『何者』は読んでいなかったのだけど『何者』だけでも充分に楽しめると思う。 主人公が違う6つの作品からなる短編集。それぞれの物語の主人...
朝井リョウ

ままならないから私とあなた 朝井リョウ 文藝春秋

朝井リョウの作品って「リア充の若者専用」ってイメージがあったのだけど、今回は今までとは違う路線で共感が持てた。軽めで読みやすい文章はそのままだけど、対象年齢が少し上がったかな…と言う印象。30代社会人向け…ってところだろうか。表題作と『レン...
朝井リョウ

世にも奇妙な君物語 朝井リョウ 講談社

作者はテレビドラマ『世にも奇妙な物語』がを愛するがために『世にも奇妙な物語』をイメージした作品を書いたとのこと。私にとって『世にも奇妙な物語』は「大好きってほどではないけど、1度観ちゃうと最後まで観たくなる」テレビドラマだ。この本には『世に...
朝井リョウ

桐島、部活やめるってよ 朝井リョウ 集英社文庫

第十二回小説すばる新人賞受賞。発売当時はそこそこ流行っていて書店で平積みされていたのを記憶している。題名になっている『桐島、部活やめるってよ』というフレーズはネットスラング的に流用されていたっけか。その時は食指が動かなかったのだけど、以前読...
朝井リョウ

チア男子!! 朝井リョウ 集英社文庫

作者は『桐島、部活やめるってよ』で小説すばる新人賞を受賞した人で、この先品は2作目らしい。ちなみに私は受賞作は読んでいない。この作品も図書館の新刊コーナーで目に付いたので手にとってみた……という程度。 題名通りチアリーディングを志す青...