黒川博行

黒川博行

後妻業 黒川博行 文藝春秋

発売当初は書店で平積みされていて「爺を騙すのは功徳や」と言う帯が巻かれていたのを記憶している。初めて目にした時は「高齢者目当ての犯罪って多くなってるし、いい題材を持ってきたなぁ」とは思ったものの、基本的にミステリーには興味が無いので読もうと...