綿矢りさ

綿矢りさ

意識のリボン 綿矢りさ 集英社

拍子の可愛さに図書館でジャケ借りしてきた。作者は2003年に『蹴りたい背中』で芥川賞を受賞しているのでお若いけれど、すでに中堅作家さんって印象。WEBには1冊しか感想を上げていないのだけど、他にも数冊読んでいる。感想を書いていないのは面白い...
綿矢りさ

インストール 綿矢りさ 河出書房新社

女子校生作家の作品というから、どんなにチャラチャラした話だろうとドキドキして読んだのだが、想像していたよりもシンプルで面白かった。良い意味でも悪い意味でも「正統派小説」という印象。新しいとか勢いよりも「そこそこ上手い」って部分の方が先に立つ...