連城三紀彦

連城三紀彦

恋文 連城三紀彦 新潮文庫

実際に読んだのは、ずっと前のことだし私が持っているのはハード・カバーだけど、お手軽に、文庫版をご紹介ってことで。『恋文』は恋愛小説が得意でない私が今まで読んできた中で、いっとう愛している「とっておき」の恋愛小説である。 物語を簡単に説...