山本健吉

山本健吉

ことばの歳時記 山本健吉 文春文庫

季語とそれにまつわる俳句。ちょっとしたこぼれ話が書き綴られた随筆集である。エッセイではなく随筆と呼びたい作品。エッセイと随筆が意味するところは、ほぼ同じだが、その違いは、誰しも「なんとなく」感じておられるのではなかろうか。そこは言い回しの妙...