柳澤桂子

柳澤桂子

いのちの日記 神の前に、神とともに、神なしに生きる 柳澤桂子 小学館

原因不明の病で30年以上闘病した作者が書いた哲学とも宗教ともつかぬエッセイ集。病に苦しみぬいた人だからこその視点が興味深い作品ではあったが、読んでいて非常に辛い作品でもあった。 作者は般若心経の現代語訳のような本を出していて、これはそ...
柳澤桂子

患者の孤独 心の通う医療を求めて 柳澤桂子 草思社

前回読んだ『ふたたびの生』と内容的にはほとんど同じだが、こちらは「患者と医師」というテーマで書かれていた。『ふたたびの生』は自伝と言っていいと思うが、この作品は自分と同じ経験をして苦しんでいる人々へのメッセージ性が強く、なかなか興味深かった...
柳澤桂子

ふたたびの生 柳澤桂子 草思社

原因不明の病で30年も寝付いていた作者の闘病記録である。闘病のような、エッセイのような……科学者が書いただけあって、論文のような雰囲気もある、そんな1冊。 「30年も寝たきりでした」といヴけでも迫力がある。そして何よりも感激するのは、...
柳澤桂子

いのちの始まりと終わりに 柳澤桂子 草思社

「楽しむ本」ではなくて「考えるための本」だと思う。体外受精・クローン人間から、終末医療・安楽死にいたるまで「命」についてを考えるための本だった。あまり、こういうテーマに興味のない人でも、どれか1つくらいは興味のある項目があるのではないかと思...