椰月美智子

椰月美智子

さしすせその女たち 椰月美智子 角川書店

心に刺さる本だった。ただし、男性が読んだところでちっとも面白くないかも知れない。主人公は働く主婦。夫と保育園に通う2人の子どもと暮らしている。仕事が好きでずっと働き続けていたいと奮戦するも、なかなか思うようにはいかない。 私は出産を期...
椰月美智子

明日の食卓 椰月美智子 角川書店

「イシバシ ユウ」と言う名前の9歳の男の子を育てる、3人の母達の物語。同姓同名と言うだけで、彼らは面識もなくそれぞれに違った境遇で子育てをしている。子ども達もそれぞれ違う性格で全く違う3つの物語の集合体なのだけど「子育ての悩み」という柱があ...
椰月美智子

恋愛小説 椰月美智子 講談社

初めて読んだ『怜也と』がぶっ飛んだ恋愛小説で気に入ったので、題名を見た瞬間「これは期待せざるを得ない」と張り切って読んでみた。 しかし、残念なことに私には全く面白くなかった。ザックリと解説すると貞操観念の緩い若者達の恋愛模様ってとこ...
椰月美智子

怜也と 椰月美智子 文藝春秋

図書館の新刊コーナーに並んでいて予備知識無しで手に取った。表紙が好みだった……と言う理由。予想外の面白さで一気読みしてしまった。 1人のロック歌手を追い続けた女性の半生。主人公が30歳の主人公が長く付き合ってた男性から別れを告げられる...