森見登美彦

森見登美彦

ペンギン・ハイウェイ 森見登美彦 角川書店

私は毎年、夏は「少年の成長物語を読む」と決めている。単なる妄信に過ぎないのだけど少年にとって「夏」は特別な季節だと思うのだ。夏休み明けに、教室に入ると突然クラスメイトの男子が大人びていて吃驚する…あの感覚を味わいたくて、必ずそのテの作品を手...