村上龍

村上龍

新 13歳のハローワーク 村上龍 幻冬舎

かつて一世を風靡した『13歳のハローワーク』の改訂版。私は『13歳のハローワーク』が出版された時はすでに結構な大人だったので、書店で並んでいるのをパラ見しただけで読まなかった。今回、この作品を読んだのは夫が娘のために購入したので「せっかく家...
村上龍

おしゃれと無縁に生きる 村上龍 幻冬舎

村上龍と言うと、かつては村上春樹と並んで「W村上」なんて呼ばれている大御所だけど、恥ずかしながら、作品は数冊しか読んだ事がない。このサイトには感想を書いていないけれど『トパーズ』だったか『限りなく透明に近いブルー』だったか、どの作品だったか...
村上龍

ライン 村上龍 幻冬舎文庫

終わりの見えない螺旋階段を降りていくような錯覚に陥ってしまった1冊である。1つの「ライン」に20人の人間の人生が連ねていく……という短編小説を1つの小説にまとめたような形式で書かれていた。SMだの、精神世界だの、作者が得意としているだろう分...