村上春樹

村上春樹

村上さんのところ 村上春樹 新潮社

期間限定サイト「村上さんのところ」で村上春樹が読者からの質問に答えていた内容をまとめたもの。サイトではかなりの数の問答があったと思うのだけど、この本に収録されているのは村上春樹自身が選んだ厳選473問。エッセイともなんとも言えない1冊なので...
村上春樹

騎士団長殺し 村上春樹 新潮社

お久しぶりの村上春樹。『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』から4年も経っているとのこと。なんだか、つい最近読んだように思えてビックリしてしまう。『1Q84』に至っては7年前とのこと。村上春樹は新作が出るたびに速攻で図書館に予約を入れ...
村上春樹

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 村上春樹 新潮社

『ノルウェイの森』が好きな人だったら面白く読めるのではないかと思う。登場人物は一新されているけれど、実に『ノルウェイの森』だった。年を経て『ノルウェイの森』を書きなおしたらこうなる……と言ってもいいんじゃないかと思うほどに。 『ノルウ...
村上春樹

1Q84 BOOK3 村上春樹 新潮社

久しぶりに「いっき読み」してしまった。最近、本のアタリが悪かったせいもあって、続きを楽しみにしていたのだ。1と2もサクサク読める作品だったけれど、今回も読みやすい文章でサクサク読み進めることが出来た。本の感想を書くにあたって、ネタバレは出来...
村上春樹

1Q84 BOOK2 村上春樹 新潮社

「面白い」と言えば面白いし、続きが気になる作品(どうやらまだ続きが出るらしい)なのだけど、作品の出来としてはどうかなぁ……と言う印象を受けた。 オウム真理教事件をモチーフにしたらしい設定や、毎度のことではあるけれどエキセントリックな登...
村上春樹

1Q84 BOOK1 村上春樹 新潮社

久しぶりの村上春樹。話題作だったため、図書館での順番待ちが半端ではなかった。作者の長編を読むのは『スプートニクの恋人』以来。ワクワクして手に取ったのだけど、良い意味においても悪い意味においても「村上春樹だなぁ」と思わせてくれた1冊だった。私...
村上春樹

東京奇譚集 村上春樹 新潮文庫

『東京奇譚集』という名前の通り、ちょっと不思議な感じ作品を5つ収録した短編集。ひとことで言うなら「村上春樹らしい」1冊だと思う。作者が好きな人なら買いだと思う。私は好きでも嫌いでもないのだけれど、面白く読むことが出来た。 5つのうち気...