宮脇修

宮脇修

愛国少年漂流記 宮脇修 集英社

なんとなく面白そうな予感がして手に取ったのだが、激しくイマイチだった。浅田次郎『シェヘラザード』や、吉村昭『大黒屋光太夫』が面白かったので、航海物や漂流物といった海洋浪漫な気分だったのだが、あまりにも事実重視でドラマ性に欠けていたのだ。 ...