三島由紀夫

三島由紀夫

純白の夜 三島由紀夫 角川文庫

今回はお久しぶりの三島文学。しかも再読ではなく未読作品。三島由紀夫は作品数の多い作家さんだけに、全ての作品が面白い…とは言い難い。学生時代から好きで、けっこうな数を読んできているが「これはちょっと…」と思った作品も多かった。この作品も正直な...
三島由紀夫

金閣寺 三島由紀夫 新潮文庫

学生の頃、夢中になって読んだ1冊である。今にして思えば、どうしてそこまでハマってしまったのか不思議に思う。人から「金閣寺って、どんな話なの?」と問われれば「吃音の学僧が金閣寺に放火する話」としか答えられないほど物語の流れを、綺麗サッパリ忘れ...