万城目学

万城目学

バベル九朔 万城目学 角川書店

お久しぶりの万城目学。題名に惹かれて手に取った。この人の付ける題名って他にない感じで大好きだ。訳の分からない感じの題名に訳の分からない物語。それが作者の個性だと思う。 しかし今回の作品はイマイチ面白くなかった。主人公は小説家を目指す青...
万城目学

プリンセス・トヨトミ 万城目学 文藝春秋

作者の作品はこれで2作目。1作目と同じで「現代日本を舞台にしたファンタジー小説」もっとも、今回の作品は『鴨川ホルモー』と違って陰陽道とかそういう要素は全くなく「ファンタジーとしか言いようのない作り話」と言う感じだった。小説としては珍しいけれ...
万城目学

鴨川ホルモー 万城目学 産業編集センター

現代日本、京都を舞台にしたファンタジー小説。真面目な小説だと思って読むと吃驚するかも知れないけれど、最初からライトノベルだと思って覚悟して読めばそこそこ面白いと思う。ファンタジー世界が大丈夫な人にはお勧めしたい。もっとも、ファンタジーと言っ...