松井雪子

松井雪子

肉と衣の間に神は宿る 松井雪子 文藝春秋

作者の作品を読むのはこれで3冊目。初めて読んだ『刺繍天国』が面白かったので、なんとなく好印象の作家さんなのだけど、正直これは面白くなかった。言葉は悪いけけど、毒にも薬にもならない感じの作品だと思う。ハートフルで良い話。NHKのちょっと夜遅い...
松井雪子

日曜農園 松井雪子 講談社

失踪した父親が残した農園(市で貸し出している賃貸農園)で野菜を育てる娘の物語だった。娘は今時の女子高生で、家庭菜園なんて全く興味が無かったのだけど、これまた父が運営していた家庭菜園のHPを頼りに、不慣れながらも土と親しんでいく。 主人...
松井雪子

刺繍天国 松井雪子 文藝春秋

タイプの違う短編『恋蜘蛛』と『愛 弾丸ツアー』の2作品収録。『恋蜘蛛』は予想外に面白かった。乙女ちっくな題名に惹かれて手に取ったのだけど、刺繍をするのは女性じゃなくて、男性だった。お縫子のヒロインと、天才的に刺繍をする男の物語。一応、ヒロイ...