パール・バック

パール・バック

大地(4) パール・バック 新潮文庫

王(ワン)家の物語4冊目。この巻は初代主人公、王龍の孫世代。前巻に続き、王虎の息子である王淵目線で話が進んでいく。現代に近づいているだけに、これまでの巻よりも理解しやすいし、登場人物達の気持ちに沿っていきやすい。長い物語のまとめということも...
パール・バック

大地(3) パール・バック 新潮文庫

王(ワン)家の物語3冊目。この巻は私が最も苦手なパートだ。メイン主人公は王龍の三人の息子のうち、軍人になった三男の王虎。生真面目な武将で、荒々しかったり残虐だったりする反面、女性関係はからっきし苦手。愛すべきキャラクターではあるのだけれど、...
パール・バック

大地(2) パール・バック 新潮文庫

王(ワン)家の物語2冊目。初代主人公、王龍の三人の息子達の物語。大地と共に生きた王龍とは対照的に、息子達はそれぞれ違う職業に就いた。1人はインテリ系地主。1人は抜け目の無い商人に。1人は軍人に。 私はこの巻を密かに「『大地』における『...
パール・バック

大地(1) パール・バック 新潮文庫

日本語で書かれた作品と翻訳物を較べると、正直なところ翻訳物は少し苦手だったりする。言葉の言い回しがピンとこなかったり、あるいはその国の風俗や常識を知らなかったりすると、作品を味わい尽くすのが難しいからだ。この作品は苦手な翻訳物の中で、いっと...