堀田善衛

堀田善衛

歯車 至福千年 堀田善衛 講談社文芸文庫

正直なところ、良さも悪さも分からなかった。私自身の読解力が乏しかったと言うべきなのだろうか……「読書を楽しむ」と言うよりも、むしろ「教科書を読む」というノリでほとんど、やっつけ仕事で片付けてしまった1冊である。 短編集だったのだが、イ...