堀江珠喜

堀江珠喜

純愛心中 「情死」はなぜ人を魅了するのか 堀江珠喜 講談社現代新書

研究本と言うには軽すぎる感じのウンチク本。蓮っ葉な感じの文章に辟易させられたことを除けば、なかなか面白い作品だった。 私は「恋愛小説が苦手」と公言して憚らないが、しかし本当は「苦手」と言いつつ「大好物」なのだ。たまたま自分のツボに入る...