藤本ひとみ

藤本ひとみ

変態 藤本ひとみ 文藝春秋

前回読んだ『侯爵サド』が面白かったので、続けてチャレンジしてみたが、これはどうにも私のツボには入らなかった。一応現代設定で主人公既婚の中年女性。フランス語の翻訳家でブルジョア系。母親の支配から抜け出せずに、ちょっぴり心が歪んでいて、性の喜び...
藤本ひとみ

侯爵サド 藤本ひとみ 文春文庫

かの有名な「サド裁判」を下敷きにした法廷サスペンスである。「裁判」といっても、サドが入所している精神病院でのことなので、現代の裁判とは随分と様式が違うのだけれど、告発する者、される者、追求する者、弁護する者達が、それぞれ自分の意見を述べてい...
藤本ひとみ

聖アントニウスの夜 藤本ひとみ 講談社

作者の作品を読むのは、これが2冊目である。初挑戦は中学生の頃、友人に勧められて読んだコバルト文庫のジュニア小説だった。「なんじゃ、こりやぁ。こんな話だったら小説よりも漫画で読む方がいいや」と思った記憶があるだけで、題名さえ覚えていない。たし...