百田尚樹

百田尚樹

カエルの楽園 百田尚樹 新潮社

これ、凄く面白かった! 百田尚樹と言えば私の中で正統派ではなく「お騒がせ作家」と言うイメージ。ちょっと右寄りの活動をしてみたり、やしきたかじんの本(私は読んでいないし興味もないのでなんとも言えないけど)で、騒がれたり。今回はカエルに託した風...
百田尚樹

永遠の0 百田尚樹 講談社文庫

旅行のお供にと選んだ1冊。書店の文庫本コーナーでドカンと平積みされていいて「そう言えば昨年ヒットしたんだっけか?」と読んでみた。 特攻隊員だった祖父の軌跡を孫達が追いかける形式になっていて「零戦スゲ~!」な物語。戦争物ではあるけれど、...