広谷鏡子

広谷鏡子

不随の家 広谷鏡子 集英社

及第点ではあるけれど、さほど面白いような作品ではなかった。題名から予想できる通り、寝たきり老人が主人公なのだが、いまひとつリアリティと深みに欠けているような気がした。老人(病人でもいいのだが)オムツなんて金輪際、替えたことのない人が文章だけ...