帚木蓬生

帚木蓬生

インターセックス 帚木蓬生 集英社

題名のインターセックスとは両性具有の人のこと。「半陰陽」とか「ふたなり」とか言われていて、身体の性と心の性が反対になっている「性同一性障害」の人々とは違う。主人公はインターセックスの治療を専門的に行っている女性医師。市立病院に勤めていたのだ...
帚木蓬生

閉鎖病棟 帚木蓬生 新潮社

色々な意味で正統派っぽい作品だと思った。やたらと骨が太い印象を受けた。「文学って、こういう作品のことを言うのだよなぁ」となんとなく思ってしまった。 精神病院の「閉鎖病棟」で暮らす人々を描いた作品なのだが、ちょっと読むのが辛かった。作品...