姫野カオルコ

姫野カオルコ

謎の毒親 姫野カオルコ 新潮社

姫野カオルコは20代の頃からずっと追っている作家さん。途中「もうマンネリで面白くない」とか「姫野カオルコは卒業する」と言いながら、それでもずっと追っている。もはや腐れ縁の域に達していて、姫野カオルコとは「切って切れない間柄」って気がする。姫...
姫野カオルコ

昭和の犬 姫野カオルコ 文藝春秋

無冠の女王、姫野カオルコの直木賞受賞作。 私の姫野カオルコの歴の原点はなんと言っても処女三部作(『ドールハウス』『喪失期』『不倫(レンタル)』)姫野カオルコファンの中でも、処女三部作が1番好きと言う人が多いのではないかと思う。私もその...
姫野カオルコ

近所の犬 姫野カオルコ 幻冬舎

前回『リアル・シンデレラ』を読んで「姫野カオルコは卒業しよう」と宣言したのに、またしても手に取ってしまった。ジャケ買いならぬ表紙買い。だって犬の写真が可愛過ぎたのだもの。「これは良い物だ」と犬好きの勘が働いた。 そして恐るべし犬好きの...
姫野カオルコ

リアルシンデレラ 姫野カオルコ 光文社

私が20代だった頃……はじめて作者の作品を手に取ってから、なんだかんだ言いながらも追いかけてきて10数年。作者とは長い付き合いになる。ここ数作は「もう、私はこの人についていくのは無理かも知れないなぁ」と思っていたのだけれど、久しぶりの長編小...
姫野カオルコ

コルセット 姫野カオルコ 新潮社

前回、読んだ本の感想に「ぐるぐると似たような設定の小説ばかりを読まされるのは、もうウンザリ」と書いたのだけど、今回の作品は今までの作品とは少し違っていた。もちろん作者の持ち味はそのままだったけれど「田舎」「禁欲」のキーワードが外されていて「...
姫野カオルコ

桃 姫野カオルコ 角川文庫

正直、がっかりしてしまった。作者の書くものは、けっこう好きなのだけど、ぐるぐると似たような設定の小説ばかりを読まされるのは、もうウンザリなのだ。評判の良かった『ツ、イ、ラ、ク』と対になる作品とのことだったが「だからどうした?」と思ってしまっ...
姫野カオルコ

ハルカ・エイティ 姫野カオルコ 文藝春秋

作者とは長い付き合いで「処女三部作」の第一作目から熱視線を送っていたので、この作品が2005年度の直木賞候補にのぼった時は、読んでいないうちから「直木賞を取らせてあげたいなぁ」と思っていた。結果的には落選したのだけれど、読んでみて「これで直...
姫野カオルコ

禁欲のススメ 姫野カオルコ 角川文庫

20代の頃、何故だかしら熱烈に姫野カオルコにハマっていた。小説からエッセイから、手当たり次第に読み散らかしていた。が、だからって網羅していた訳でなく、今回は未読のまま取り溢していたエッセイ本を手にとったのだが、その感想は「どうして私は、こん...
姫野カオルコ

蕎麦屋の恋 姫野カオルコ 角川文庫

大当たりだった。表題作と他2編で構成された短編集だがハイレベル。ひと皮も、ふた皮も剥けた印象を受けた。今までの作者とは、ちょっと違う視点が入っていて、ずっと追いかけているファンとしては、驚きの1冊だったと言っても良い。 表題作の『蕎麦...
姫野カオルコ

ツ、イ、ラ、ク 姫野カオルコ 角川文庫

姫野マニアとしては、やっぱり読んでおかなくちゃと手を出した1冊。一応「渾身の長編恋愛小説」となっているけれど、普通のそれとは趣が違い、どこまでいっても「姫野式」だった。流れとすると『終業式』に近いものがあるかも知れない。手紙やファックスのや...
姫野カオルコ

よるねこ 姫野カオルコ 集英社

一応、ホラー小説集ということらしい……が、しかし全くと言っても過言ではないほど怖くはない。強いて言うなら「ちょっと不思議な物語」という程度。私。思うのだけど、ホラーとかミステリーを書く能力と、お話を作る能力は別物ではないかと。たまに「読み物...
姫野カオルコ

整形美女 姫野カオルコ 新潮文庫

新しい容姿を求めて美容整形に挑んだ2人の女の物語である。1人はブスと言われる顔から、美人と言われる顔へ。もう1人は美人と言われる顔から、ブスと言われる顔へ。まったく逆方向の整形手術をしたにもかかわらず2人が整形手術の目的は、同じものだという...
姫野カオルコ

すべての女は痩せすぎである 真説・美人論  姫野カオルコ 大和出版

新説・美人論という副題の通り「美人」に関するエッセイを集めた作品である。村上龍『すべての男は消耗品である』をパクったかのような題名ではあるが私が「笑点」の司会者だったら、座布団を進呈したいくらい上手いと思った。現実問題として、近年の日本人は...
姫野カオルコ

特急こだま東海道線を走る  姫野カオルコ 文藝春秋

子供時代の思い出をベースにして書かれた短編小説集である。作り的には江國香織『スイカの匂い』と似たり寄ったりの印象を受けたが『スイカの匂い』よりも甘ったるい部分を取っ払った感じで子供の視線で見た世界が描かれているが、子供の残忍性よりも、むしろ...