羽田圭介

羽田圭介

5時過ぎランチ 羽田圭介 実業之日本社

羽田圭介は『スクラップ・アンド・ビルド』で芥川賞を受賞してから、なにげにテレビの人気者になっている気がする。「若い」って事もあるだろうけれど、ストイックな感じが見ていてちょっと面白い。同じ芥川賞作家の西村賢太とは対局にいる人だな…といつも思...
羽田圭介

スクラップ・アンド・ビルド 羽田圭介 文藝春秋

第153回芥川賞受賞作。ピース又吉の『火花』と共に受賞して何かと話題になった作品。早速図書館に予約して、やっと順番がまわってきた。「なるほどなぁ」と思う作品ではあったのだけど、作者の作品は初めて読んだ『メタモルフォシス』の印象が強くて、私の...
羽田圭介

メタモルフォシス 羽田圭介 新潮社

芥川賞の候補となった表題作と他1編。ちどちらも「SM」と言う特殊なテーマを扱った作品だった。「SM」とか、倒錯した世界に興味の無い人は読まなくても良い作品だと思う。私はむしろ「どんと来い!」なので、それなりに面白かった。 初めて読む作...