ま行

町屋良平

しき 町屋良平 河出書房新社

第159回芥川賞候補作とのこと。作者の作品は以前『青が破れる』を読んだ事があり、今回で2冊目。先に書いておくけれど、残念ながら私は作者とは全く気が合わないのだと思う。 作品が悪いとは思わない。私はこの作品を読むには年を取り過ぎたのだ。...
真梨幸子

ツキマトウ 警視庁ストーカー対策室ゼロ係  真梨幸子 KADOKAWA

なんだかんだ言いつつ真梨幸子の書くイヤミス(嫌な気分になるミステリー)は新作を楽しみにしている。キッカケは『更年期少女』。ヲタクの描写が気持ち悪くて、嫌な感じが半端ないのに面白くてたまらなかった。 今回の作品は題名から長編小説なのかと...
真梨幸子

ご用命とあらば、ゆりかごからお墓まで 万両百貨店外商部奇譚 真梨幸子 幻冬舎

私。作者の書くイヤミス(読んで嫌な気持ちになるミステリー)が大好きだ。イヤミスなんて読んでもまったく為にならないし、場合によっては楽しいよりも本気で嫌な気分になるだけなのにそれでも読まずにはいられない。怖いもの見たさと言うのだろうか。作風を...
村山由佳

嘘 Love Lies 村山由佳 新潮社

なんだか、ちょっとビックリしてしまった。村山由佳はこんな作品も書けるんだ! 私は村山由佳と言うと『天使の卵』を真っ先に思い浮かべてしまう。そう言えばWEBに感想を上げていないけれど、発売当時はなんだかんだで話題になっていたように記憶している...
盛田隆二

焼け跡のハイヒール 盛田隆二 祥伝社

作者の作品を読むのはこれが初めて。図書館で見つけて題名に惚れた。少し前に読んで気に入った『彼方の友へ』が第二次世界大戦中を描いていたので続けて読んでみようかと。作者の両親を描いた作品で父は通信兵で母は看護婦(今は看護師表記だけど当時の呼び方...
宮木あやこ

ヴィオレッタの尖骨 宮木あや子 河出書房新社

作者の作品はなんだかんだでそこそこ読んでいて(感想を書いていない作品もある)今さら言うのもなんだけど、私は作者の描く作品とは相性悪いのかも知れないな…と思った。作品の雰囲気自体は嫌いじゃない…と言うか、むしろ大好物の部類なのだけど、どの作品...
村上春樹

村上さんのところ 村上春樹 新潮社

期間限定サイト「村上さんのところ」で村上春樹が読者からの質問に答えていた内容をまとめたもの。サイトではかなりの数の問答があったと思うのだけど、この本に収録されているのは村上春樹自身が選んだ厳選473問。エッセイともなんとも言えない1冊なので...
村上龍

新 13歳のハローワーク 村上龍 幻冬舎

かつて一世を風靡した『13歳のハローワーク』の改訂版。私は『13歳のハローワーク』が出版された時はすでに結構な大人だったので、書店で並んでいるのをパラ見しただけで読まなかった。今回、この作品を読んだのは夫が娘のために購入したので「せっかく家...
真梨幸子

祝言島 真梨幸子 小学館

作者は最近「イヤミスの女王」と呼ばれているらしい。イヤミスとは読後、嫌な気分になるミステリーのこと。『更年期少女』を読んでから、新刊が目につくたびに追っているけれど、着々と作風を固めてきているな…と言う印象。私は謎解き系のミステリーは苦手だ...
燃え殻

ボクたちはみんな大人になれなかった 燃え殻 新潮社

Twitterで評判が良さそうだったので読んでみた。好き嫌いはともかく、おっさんホイホイ的作品だと思う。読みはじめて思ったのは「『フォレスト・ガンプ』の方式と同じだよね」ってこと。歴史(時事)と合わせて1人の人間の人生が進んでいく方式。恐ら...
茂木ちあき

空にむかってともだち宣言 茂木ちあき 国土社

2017年度青少年読書感想文全国コンクール、中学年の課題図書。夏休みの読書感想文と聞いただけで、苦々しく思い出が込み上げてくる方は多いかと思うのですが、私もその中の1人。本が好きなのと読書感想文が好きなのは全く別の話。大人になってWEBに本...
真梨幸子

カウントダウン 真梨幸子 宝島社

面白かった! この人の書く小説は娯楽性が高くて素晴らしい。「これぞ小説を読む楽しみ」と言うか。名作かと聞かれたらそうではない気がするし、何度も読み返したいような作品でもないし、心にズシンと響くようなものもないけれど、ワクワクした気持ちでペー...
又吉直樹

火花 又吉直樹 文藝春秋

昨年、芥川賞受賞で話題になったピース又吉のデビュー作。流石にブームも落ち着いたらしく、図書館でも予約なしで読めるようになったので手に取ってみた。若手漫才師の先輩と後輩の青春と挫折を描いた作品。今さらながらに読んでみたいのだけれど、私にはこの...
松浦理英子

最愛の子ども 松浦理英子 文藝春秋

久しぶりの松浦理英子。ガツガツと作品を発表する作家さんではないだけに、新作で出ると「あっ! 新作出てたんだ」と嬉しくなってしまう。今回も期待以上の面白さだった。松浦理英子らしさが全面に出ていて相変わらずキレキレではないか。作者は御年58歳と...
町屋良平

青が破れる 町屋良平 河出書房新社

この作品の題名を見て昭和の読書好きなら「あれ? この題名どっかで見た事があるような…」と思ったのではなかろうか。 そう、宮本輝の名作『青が散る』と、なんとなく被る。全く偶然なのか、それとも作者が宮本輝をリスペクトしたのか理由は分からな...
松田青子

おばちゃんたちのいるとろ 松田青子 中央公論新社

幽霊・化け物がテーマの連作短編集。それぞれ落語や歌舞伎、民話等に出てるく幽霊などをモチーフにして描かれている。ちなみに題名はもモーリス・センダックの『かいじゅうたちのいるところ』と言う有名な絵本が下敷きになっていて、作品中にもチラリと出て来...
村上春樹

騎士団長殺し 村上春樹 新潮社

お久しぶりの村上春樹。『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』から4年も経っているとのこと。なんだか、つい最近読んだように思えてビックリしてしまう。『1Q84』に至っては7年前とのこと。村上春樹は新作が出るたびに速攻で図書館に予約を入れ...
村田沙耶香

コンビニ人間 村田沙耶香 文藝春秋

第155回芥川賞受賞作。作者の作品を読むのは6冊目だけど1番よく出来た作品だと思う。かなり面白かった。ただ作者のが得意とする「突拍子も無い発想」の生きた作品ではなくて、どちらかと言うと一般向けと言うか読みやすい仕上がり。今までは作者の感性が...
真梨幸子

私が失敗した理由は 真梨幸子 講談社

面白かった。物語がドンドン進んでいって、イッキ読みしてしまった。素晴らしい娯楽小説だと思う。スプラッタ描写はないけれど、人がバンバン死んでいくので「娯楽小説」と言うのはどうかと思うけれど「読んでいて先がきになる」という意味では最高だった。ミ...
村田喜代子

人の樹 村田喜代子 潮出版社

村田喜代子と言う作家さんを追うようになってからずっと「この人の書くものにハズレなし」と思っていたけれど、今回はじめて無理だった。言葉は悪いけれど「毒にも薬にもならない作品」って印象。「ナニコレ?」と吃驚してしまった。こんな作品もあったんだ…...