長嶋有

長嶋有

ジャージの二人 長嶋有 集英社

そんなに面白くなかったのにも係わらず、けっこう夢中で読んでしまった。話じたいは、どうってことないと思う。だが「夏の別荘生活」というのが、激しくツボだった。それも大金持ちのリゾート別荘ではなく、小金持ち……というか上級庶民の山小屋暮らしという...
長嶋有

猛スピードで母は 長嶋有 文藝春秋

芥川賞受賞作の表題作と『サイドカーに犬』の2作品収録。そこそこ面白かった。が、収録作が2つとも似た感じだったのが残念。私が編集さんだったら違う味の作品を並べるのになぁ。ハッキリ言って違いが分からない。どんなに良い作品でも、似た味わいのものが...