蔦森樹

蔦森樹

愛の力 蔦森樹 東京書籍

作者は女性として生きる「元・男性」で、ゲイではなく「女性になりたい男性だが、恋愛対象は女性」とのこと。作者を投影した主人公と、恋人の女性の恋愛を描いた作品で、恋人がインドへ旅行していて、1人になった主人公の心境が切々と描かれていた。 ...