団鬼六

団鬼六

怪老の鱗 奇人・変人交遊録 団鬼六 光文社

官能小説の大家が書いた「変態さんいらっしゃい」なエッセイ集だった。作者の作品は何冊か読んだけれど、このエッセイ集を読んで作者のイメージが少し変わった。私の中で彼は「SM大王」とか「エロ怪人」なイメージがあったのだが、想像していたよりも、普通...