太宰治

太宰治

愛と苦悩の手紙 太宰治 角川文庫クラッシックス

題名ズバリそのままの書簡集だった。作家の日記や、書簡集を読むというのは、推理小説を読むのと少し似ているような気がする。たとえプライベートで書かれたものであったとしてもプロの書く文章は、どこか「作りごと」が入っているように思う。もちろん、素人...