町屋良平

町屋良平

しき 町屋良平 河出書房新社

第159回芥川賞候補作とのこと。作者の作品は以前『青が破れる』を読んだ事があり、今回で2冊目。先に書いておくけれど、残念ながら私は作者とは全く気が合わないのだと思う。 作品が悪いとは思わない。私はこの作品を読むには年を取り過ぎたのだ。...
町屋良平

青が破れる 町屋良平 河出書房新社

この作品の題名を見て昭和の読書好きなら「あれ? この題名どっかで見た事があるような…」と思ったのではなかろうか。 そう、宮本輝の名作『青が散る』と、なんとなく被る。全く偶然なのか、それとも作者が宮本輝をリスペクトしたのか理由は分からな...