高村薫

高村薫

マークスの山 高村薫 早川書房

人間には、どうしても得手、不得手というものがあるらしい。「脱・ミステリ音痴」を謀る、チャレンジしてみたのだが、読み終えるのに、かなり手こずってしまった。「考える小説」となると、とたんに読むペースが落ちてしまうから不思議だ。日頃、読みつけない...
高村薫

李歐 高村薫 講談社文庫

私は先天的にミステリ音痴らしくて、推理とかサスペンスってのはとんと苦手だ。ここ何年かは意識してホラーなどを読むように心掛けてきたので、そろそろミステリー系にも手を出してみようかとチャレンジしてみた作品である。 正直なところ「やはり私は...