高橋治

高橋治

片意地へんくつ一本気 下田うなぎ屋風流噺 高橋治 文春文庫

伊豆の下田で鰻屋を営む頑固オヤヂと旦那衆が繰り広げる人情譚。「片意地」とか「へんくつ」とか「一本気」という言葉を見ただでなにやら楽しい気分になってしまう私としては、見逃せない1冊だった。個人的な好みに過ぎないのは承知の上だが、私は頑固な人が...
高橋治

風の盆恋歌 高橋治 新潮文庫

私の中では、どうにも受け入れ難い作品だった。若い頃に愛し合っていたのに、事情があって結婚できなかった男女が五十の坂を過ぎて、ふたたび愛し合う……という不倫物だった。不倫物だから受け入れられなかったという訳ではなくて2人の愛に潔さのようなもの...