青来有一

青来有一

てれんぱれん 青来有一 文藝春秋

題名の「てれんぱれん」とは、なんとなくぶらぶらと過ごしてなまけている人を非難する時に使う言葉とのこと。ビルの掃除婦をしながら子供を育て上げ、ようやくゆっくりと生きられるようになった女性が、自らの子供時代を振り返る。そこには古き良き日本の家族...