鈴木朝子

鈴木朝子

百六歳のでゃあこうぶつ 鈴木朝子 新潮文庫

「百歳の双子のおばあちゃん」として、すっかり有名になり百七歳で亡くなられた、成田きんさんの食生活の記録で写真と、短いエッセイで構成された作品である。 「隣りの芝は青い」という言葉ではないけれど人が食べているものというのは、何故だか美味...