白石一文

白石一文

僕の中の壊れていない部分 白石一文 光文社

たぶん本年度マイ・ワーストワン作品になるだろうと思う。なにが「壊れていない部分」だ。壊れているとか、いないとかではなくて最初っから不良品だと思う。こういう文章が流通に乗っているということが驚きだ。文学界の仕組みって、一般読者にはよく分からな...