島本理生

島本理生

匿名者のためのスピカ 島本理生 祥伝社

前評判を全く知らない状態で題名と表紙に惹かれて手に取った。前回読んだ『よだかの片思い』が良かったので、期待していたのだけど予想外の鬱本だった。恋愛サスペンスって事らしいけれど、サスペンス性は低くてどちらかと言うと恋愛小説だと思う。サスペンス...
島本理生

よだかの片想い 島本理生 集英社

顔に大きな痣を持つ女子大生の恋を描いた恋愛小説。久しぶりにキュンキュンしてしまった。41歳のオバサンがこんなにときめいてしまうだなんてビックリだ。 この作品は「恋愛小説」って事で押しているけれど、どちらかと言うと成長小説とか青春小説の...
島本理生

ナラタージュ 島本理生 角川書店

「若い女性の間で評判の1冊」とか「胸のちぎれるような切ない恋愛」とかいう煽り文句に浮かされて手に取ってみた。実際、読書好きの女性の間では、なかなか評判が良いようなので、期待していたが……駄目だった。面白いとか、面白くないとか以前に軽く不愉快...
島本理生

生まれる森 島本理生 講談社

この小説は、いったい何が言いたかったのだろう。私にはサッパリ分からなかった。恋愛小説と呼ぶには、あまりにもチンケだし。青春小説、成長小説とて読むには「迸るエネルギー」が感じられなかったし。習作を読まされてしまったような印象を受けた。 ...