重松清

重松清

愛妻日記 重松清 講談社

題名を見て「夫婦の日常を描いた心あたたまる物語なのだろう」と予測して手に取った短編集。しかし、私の予想は見事に外れてしまった。夫婦について描いた短編集ではあったけれど、日常生活を描いたものではなかった。テーマは「夫婦間のセックス」。収録され...
重松清

哀愁的東京 重松清 角川文庫

なんだか今までと作風が違っていて、ちょっと吃驚した。浅田次郎ちっくと言うか。胡散臭さのベクトルが変わっちゃった気がする。まぁ、とやかく言うほどのものでもないのだけれど、どの作家さんを読んでも同じ……ってのは、いささか残念な気がする。 ...
重松清

送り火 重松清 文藝春秋

「重松清って、胡散臭くて、そんなに好きじゃないんだよね」と思いつつ、わりと読んでいるような気がする。親の敵のように追いかけていると言っても良い。実際、胡散臭い話が多いし「はぁ? なんの冗談ですか?」というような作品も多い。が、今回の作品はか...
重松清

きよしこ 重松清 新潮社

これは作者の自伝的小説……ということになるのだろうか。吃音の少年の成長記で、胡散臭さ炸裂といった感じだった。いっそ児童小説として書いた方が良かったのではないかと思う。前振りと、オチを外して、1つ1つのエピソードだけを繋ぎ直していけば「ちょっ...
重松清

ビタミンF 重松清 新潮文庫

基本的に作者の作品は、どこか胡散臭くて信用ならないと言うか、生理的に受け付けないと言うか、とにかく好きではないのだけれど、主義主張は理解できることが多くて、この作品も「言いたいことはよく分かる」が、好きかどうかを聞かれたらNOとしか言えない...
重松清

幼な子われらに生まれ 重松清 幻冬舎文庫

重松清の作品は、今までも何度か挑戦したことがあったのだが、どうしても彼の描く人間には好感が持てなくて、私の中では「あまり好きになれない作家&作品」だったのだが、今回のはイケた。グッときたので感想など書いてみようかと思うほどに。 「現代...
重松清

かっぽん屋 重松清 角川文庫

未収録短編とロングインタビューが収録された「重松清ファンブック」という雰囲気の1冊。王道的短編小説アリ、SFティスティな短編小説アリでお買い得な感じである。デビュー当初の作品は初々しさが滲み出ていてキレの良さはイマイチだったが、嫌味がなくて...