沢木耕太郎

沢木耕太郎

無名 沢木耕太郎 幻冬舎

作者が自らの父を小説家した作品だった。父を看取りながら、父の人生を振り返る……というスタイルで、良くも悪くも「普通」な感じがした。そこそこ面白かったが、突出して良かった部分がなかったので、読後の印象が薄いのだ。流石は幻冬舎。売り方と帯の作り...
沢木耕太郎

壇 沢木耕太郎 新潮文庫

久しぶりに骨太で読み応えのある1冊に巡り逢えて嬉しくてたまらない。タイトルの『檀』とは作家、檀一雄のことであり彼の妻(作品のヒロイン)檀ヨソ子をさしている。檀一雄は『火宅の人』『リツ子・その愛・その死』を執筆した作家で「無頼派」に分類される...