佐々木丸美

佐々木丸美

花嫁人形 佐々木丸美 創元推理文庫

本を読むにもその作品によってしっくりとくる季節があって、佐々木丸美の作品は断然冬に読むものだと思う。作者はすでに故人なので新しい作品は望めないけれど、北海道出身の作家さんで雪と少女とロマンティックを書かせたら彼女の右に出る人はいないと思う。...
佐々木丸美

水に描かれた館 佐々木丸美 講談社文庫

海を臨む洋館で起こった殺人事件を書いた『崖の館』の続編。ブック・オフの100円棚で見つけて「そう言えば読んでいなかったなぁ」とて購入してみした。毎度ながらロマンティックが止まらない佐々木節に圧倒されつつ、そこそこ面白く読了した。 正直...
佐々木丸美

雪の断章 佐々木丸美 講談社文庫

この作品は……と言うよりも、佐々木丸美作品に共通した特徴なのだが、まずは美文調の強烈な1人語りに圧倒された。物語の設定には女が好みそうなキーワードが散りばめられていて男性には読み難いかも知れない。天涯孤独、愛、恋、陰謀……言うなれば少女小説...